FC2ブログ

Entries

セリバヒエンソウ


セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)
 キンポウゲ科 ヒエンソウ属

 初めて見つけました。セリバの名の通り、よく似た葉はセリ科に多いのでヤブニンジンやヤブジラミと混生していると区別が付きにくいそうです。花が燕の飛ぶ姿に似るということでセリバヒエンソウの名前が付きました。そう言われればそんな感じがします。

19-05-11seribahien-1th_.jpg

19-05-11seribahien-2th_.jpg

19-05-11seribahien-3th_.jpg

19-05-11seribahien-4th_.jpg

19-05-11seribahien-5th_.jpg

19-05-11seribahien-6th_.jpg

樫尾俊雄発明記念館の下の入り口の近くに咲いていました
19-05-11seribahien-7th_.jpg
花言葉=華やかな雰囲気、軽薄

ハコネウツギ


ハコネウツギ(箱根空木)  英語:Japanese Weigela
 スイカズラ科  タニウツギ属

 5月もあっと言う間に終わりそうです。4月の中旬にひいた風邪も一ヶ月少しかかりようやっと治ったので5月は本当に短かった気がします。5月の22日に撮ったハコネウツギですがまだ残っていると思います。入間町公園で咲いていました。
始めは白く,だんだんとピンクから紅色に変化します。面白いですね。

19-05-22hakoneutugi-1th_.jpg

19-05-22hakoneutugi-2th_.jpg

19-05-22hakoneutugi-3th_.jpg

19-05-22hakoneutugi-4th_.jpg

19-05-22hakoneutugi-5th_.jpg

19-05-22hakoneutugi-6th_.jpg

19-05-22hakoneutugi-7th_.jpg
花言葉=移り気、夢心地、親切、人の魅力を引き出す、秘密、古風、風情

ブラシノキ


ブラシノキ  英名:Scarlet bottlebrush
 フトモモ科  ブラシノキ属

 初めてこの木を見た時は驚きました。なんだこりゃ! ブラシそのものか?と思いました。自然界にある様々な形の不思議さに改めて驚嘆しますね。わたしの行動半径には4箇所ほどブラシの木があります。毎年咲くのを楽しみにしています。

19-05-26burashi-1th_.jpg

19-05-26burashi-2th_.jpg

19-05-26burashi-3th_.jpg

19-05-26burashi-4th_.jpg

19-05-26burashi-5th_.jpg

19-05-26burashi-6th_.jpg

19-05-26burashi-7th_.jpg
花言葉=はかない恋、恋の火、恋の炎、気取る心、素直な気持ち

蛇足:明日から1年ぶりの清里です。八ヶ岳清里にある「竹早山荘」に行って森の手入れをボランテイアで有志とご一緒に行っています。

ムラサキツユクサ


ムラサキツユクサ(紫露草)  英名:Spiderworts
 ツユクサ科   ムラサキツユクサ属

 今日は猛暑でたまらなく暑かったですね。普段ならそろそろ雨が多くなる頃で、ツユクサも喜んでいるような時期ですが、、、。花は1日でしぼんでしまいますが、1~数輪ずつ次々と新しい花を咲かせます。雄しべの花糸には細長い毛が密生してい黄色い頭頂部を持っています。

19-05-22tuyukusa-1th_.jpg

19-05-22tuyukusa-2th_.jpg

19-05-22tuyukusa-3th_.jpg

19-05-22tuyukusa-4th_.jpg

19-05-22tuyukusa-5th_.jpg

19-05-22tuyukusa-6th_.jpg

19-05-22tuyukusa-7th_.jpg
花言葉=知恵の泉、優秀、熱狂、快活、淋しい思い出、ひとときの幸せ、尊厳、尊敬、尊び、貴ぶ、尊敬しています

オニグルミ


オニグルミ(鬼胡桃)  英名:Walnut
 クルミ科  クルミ属

 今日はなんて言ったて暑い!!
5月の下旬になって日本列島は30度のオンパレードになりました。午前中は崖線の緑地の清掃がありましたが、まだ良かったのですが、午後になってから急激に暑くなりました。
三日前に通りがかった時に気づきました。鬼胡桃の木があって青い実を付けていました。花もあまり目立たないので気が付きませんでした。こんな花のようです。

19-05-22kurumi-1th_.jpg

19-05-22kurumi-2th_.jpg

19-05-22kurumi-3th_.jpg

19-05-22kurumi-4th_.jpg

19-05-22kurumi-5th_.jpg

19-05-22kurumi-6th_.jpg
花言葉=知性、謀略、知恵、野心

花壇に植え付け

 
 マンションの花壇に夏秋用の花苗を植付けしました。 安くて、長持ちのするものを選んでいますので、毎年それ程変わりばえがしませんが少しは目先を変えて選んでみました。

ニチニチソウのラインがキレイです
19-05-24kadan-1th_.jpg

ポーチュラカです。ここのポーチュラカは植えてしばらくすると2〜3株ほど毎年盗まれます。
心無い人が目立たない時間帯にとって行くようです。昨年は合計5株ほど盗まれました。
19-05-24kadan-2th_.jpg

真ん中にガウラ、周りに千日紅を植えました
19-05-24kadan-3th_.jpg

黄色はダールベルグデイジー、真ん中にブルーサルビア
19-05-24kadan-4th_.jpg

カランコエ
19-05-24kadan-5th_.jpg
周りにペンタス、真ん中にサンパラソル
19-05-24kadan-6th_.jpg
暑い中、グリーンボランの皆さま、お疲れ様でした。

スイカズラ(


スイカズラ(吸い葛)  英名:Japanese Honeysuckle
 スイカズラ科  スイカズラ属

 ニオイニンドウと同じスイカズラ科です。花の形は似ていますが花茎の出どこが違っています。花は白色から黄色に変化していきますので、一つの枝に白と黄色の花が同居して面白い効果があります。
花の名前は「水を吸う葛」の意から「吸葛」となった。また、花の奥の方にある蜜を子どもが吸って遊んだことから「吸葛」となった、との説もあリマス。

19-05-22suikazura-1th_.jpg

19-05-22suikazura-2th_.jpg

19-05-22suikazura-3th_.jpg

19-05-22suikazura-4th_.jpg

19-05-22suikazura-5th_.jpg

19-05-22suikazura-6th_.jpg
花言葉=愛の絆、献身的な愛

カルガモ


カルガモ(軽鴨)
 カモ科 マガモ属

 野川にカルガモのヒナが誕生しました。毎年5月の上旬から下旬に生まれます。昨日今年初めて確認しました。7羽のヒナが生まれました。ハイタウンの裏あたり、入間川の流れ込み辺りにいて、親に添いながら上流に移動していました。見る人を癒してくれます。

19-05-22karugamo-1th_.jpg

19-05-22karugamo-2th_.jpg

19-05-22karugamo-3th_.jpg

19-05-22karugamo-4th_.jpg

19-05-22karugamo-5th_.jpg

19-05-22karugamo-6th_.jpg

ニオイニンドウ / ハニーサックル


ニオイニンドウ(匂い忍冬)  英名: honey suckle
 スイカズラ科  スイカズラ(ロニセラ)属

 ピンク、黄色、白色が微妙に絡み合っていて、不思議な美しさです。スイカズラや、ツキヌキニンドウなどと同じ仲間です。なんでこんな色形を作り出したかと、いつも自然の力に感動しています。別名は=ベニバナスイカズラ・ロニセラ・スイカズラ・ニンドウ・ツキヌキニンドウ・キンギンカなどがあります。

19-05-18tukunuki-1th_.jpg

19-05-18tukunuki-2th_.jpg

19-05-18tukunuki-3th_.jpg

これと次の写真を見ると葉の真ん中から茎が突き抜けているのが、よく解ります。
19-05-18tukunuki-4th_.jpg

19-05-18tukunuki-5th_.jpg

19-05-18tukunuki-6th_.jpg

19-05-18tukunuki-7th_.jpg
花言葉=愛の絆、献身的な愛、真実の愛

トキワツユクサ


トキワツユクサ(常磐露草)
 ツユクサ科 ムラサキツユクサ属

 昭和初期に南アメリカから持ち込まれたが、現在は多くが野生化している帰化植物ですが、ちょっと薄暗いところで白い花がひときわ輝いていました。シベの細かさと黄色い先端(葯/やく)が素敵です。
別名 ノハカタカラクサ(野博多唐草)

 19-05-15tokiwa-1th_.jpg

19-05-15tokiwa-2th_.jpg

19-05-15tokiwa-3th_.jpg

19-05-15tokiwa-4th_.jpg

19-05-15tokiwa-5th_.jpg

19-05-15tokiwa-6th_.jpg
花言葉=尊敬

センダン


センダン(栴檀) 英名:chinaberry, white cedar, Texas umbrella
 センダン科  センダン属

花の色形とも大好きな花木のひとつです。木の名前は、果実が丸く数が多いことに由来するセンダマ(千珠)で、落葉後に枝に残る実が数珠を重ねたように見えることから名づけられました。また、ことわざの「栴檀は双葉より芳し」の栴檀は香木の白檀(びゃくだん)のことで、白壇は発芽したばかりの双葉のときからすでに香りがあることからそう言われます。

19-05-17sendan-1th_.jpg

19-05-17sendan-2th_.jpg

19-05-17sendan-3th_.jpg

19-05-17sendan-4th_.jpg

19-05-17sendan-5th_.jpg

19-05-17sendan-6th_.jpg
花言葉=意見の相違   ※花言葉「意見の相違」は、白壇と紛らわしく間違えられることからつけられたようです

ヒルザキツキミソウ


ヒルザキツキミソウ(昼咲月見草)  英名:Pink ladies
 アカバナ科 マツヨイグサ属

 月見草はその名の通り夜に咲きますが、これは朝から咲いています。きたみふれあい広場で咲き始めました。ヒルザキツキミソウ花は初めのうちは白色ですが、日が経つにつれてピンクになってゆきます。最近は野生化して空き地などに咲いている姿もよく見かけます。ずーとピンク色のものもあるそうでモモイロヒルザキツキミソウ(桃色昼咲き月見草)と言うそうです。

19-05-18hiruzaki-1th_.jpg

19-05-18hiruzaki-2th_.jpg

色の変化がよくわかります。白からピンク色になって行きます
19-05-18hiruzaki-3th_.jpg

19-05-18hiruzaki-4th_.jpg

19-05-18hiruzaki-5th_.jpg

19-05-18hiruzaki-6th_.jpg

19-05-18hiruzaki-7th_.jpg
花言葉=自由な心、清純、無言の愛、固く結ばれた愛、奥深い愛情

Appendix

今日は何曜日

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    ぶらり

    Author:ぶらり
    野川に架かる神明橋の上流・下流をフィールドに、カワセミ等の野鳥と花を友として、自然を相手に遊んでいます。

    CalendArchive

    FC2カウンター

    最近の記事

    アルバム

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    Google フリー検索

    Google

    WWW検索 ブログ内検索

    自動WEBサイト翻訳

    ブログ内検索

    月別アーカイブ