FC2ブログ

Entries

ハナカタバミ

ハナカタバミ(花紫片喰)  英名 : Bowie's wood-sorrel , Oxalis bowiei
 カタバミ科 カタバミ属

 7月ごろから11月まで咲いています。これはビール坂の桜の木の根元あたりに今咲いていて、ピンク色の花の花径は3センチから5センチと大きく花の真ん中は黄色です。日当たりがよい場所を好み、曇っていたり日陰になったりすると花を閉じてしまいます。オキザリス・ボーウィーの名でも流通しています。

18-10-30hanakatabami-1th_.jpg

18-10-30hanakatabami-2th_.jpg

18-10-30hanakatabami-3th_.jpg

18-10-30hanakatabami-4th_.jpg

18-10-30hanakatabami-5th_.jpg

18-10-30hanakatabami-6th_.jpg
花言葉=心で感じる、あなたと過ごしたい、決してあなたを捨てない、輝く心、母親の優しさ、喜び

カキ

カキ(柿)
 カキノキ科   カキノキ属

 今、街中でも公園でも目にできるのが柿の木です。青い空をバックに柿色がとても映えます。渋柿か?甘柿か見るとどうしても、とても気になります。最近は柿が実っていても以前ほど採らないのか何時迄も木に残っていますね?

18-10-30kaki-1th_.jpg

18-10-30kaki-2th_.jpg

18-10-30kaki-3th_.jpg

18-10-30kaki-4th_.jpg

18-10-30kaki-5th_.jpg

18-10-30kaki-7th_.jpg

18-10-30kaki-6th_.jpg
花言葉=自然美、優しさ、恩恵、優美、恵み

作品 180 不安

「不安」
 作品No.180 サイズ 14.8×19.7 Cm  リキテックス/紙
 作成 2015年7月12日

 最近は不安に思う様なことは余りありません。健康面でも取り立てて心配もなく過ごしています。力まず、時の流れに逆らわず急くこともなく、余り欲をかかず過ごしています。何時迄もそうしたいと思いますが、この先どうなんでしょうか?

180 不安th_

ハロウィン

 毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のことで、もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったそうです。街の家々にも玄関ドアにリースなどが掲げられていましたので、スナップしてみました。

18-10-28harouin-1th_.jpg

18-10-28harouin-2th_.jpg

18-10-28harouin-3th_.jpg

18-10-28harouin-4th_.jpg

18-10-28harouin-6th_.jpg

18-10-28harouin-7th_.jpg

18-10-28harouin-8th_.jpg

18-10-28harouin-9th_.jpg

18-10-28harouin-10th_.jpg


オシロイバナ

オシロイバナ(白粉花) 英名:Four o'clock
 オシロイバナ科  オシロイバナ属

 オシロイバナは午後4時ごろから開花するそうで、不思議ですね。白い花とピンクの花がありますが、白とピンクが混ざっているのは、白にピンクが入ったのか?ピンクに白が入ったのか? どっちなのでしょうね??

18-10-28oshiroi-1th_.jpg

18-10-28oshiroi-2th_.jpg

18-10-28oshiroi-3th_.jpg

18-10-28oshiroi-4th_.jpg

18-10-28oshiroi-5th_.jpg

18-10-28oshiroi-6th_.jpg
花言葉=臆病、内気、小心、遠慮、柔和、恥じらい、おしゃれ、あなたを想う、しめやかな愛情

ピラカンサ

ピラカンサ  英名:Fire thorn
 バラ科 トキワサンザシ属

 別名をトキワサンザシ(常盤山櫨子)と言います。秋になると、枝一杯いに赤い実をつけて人目を引きます。野鳥の食餌木ともなり、公園、庭園、生け垣などに利用されています。きたみふれあい広場で見つけました。5月には白い花がいっぱいです。

10月3日の様子です。
18-10-03piraka-1th_.jpg
日当たりの良い方はだいぶ赤くなりました。
18-10-03piraka-2th_.jpg
10月10日の様子です
18-10-03piraka-3th_.jpg
10月22日の様子です
18-10-03piraka-4th_.jpg
青い空をバックにとても目立ちます
18-10-03piraka-5th_.jpg
棘がありますから、触るときはご注意を!
18-10-03piraka-6th_.jpg
花言葉=慈悲、防衛、燃ゆる想い、快活、愛嬌、美しさはあなたの魅力

干し柿

 富山の実家に干し柿作りに行ってきました。干し柿は渋柿を利用します。今年は実の出来が良かった様に思います。
高枝ばさみで柿を収穫し、その後皮むきをして吊るすために紐をつけます。出来たら軒に吊るして11月下旬に収穫する予定です。途中で干し柿を揉んで柔らかくしないと乾いて固くなるので手間がかかります。

高架は北陸新幹線です
18-10-24hoshigaki-1th_.jpg
実りの秋を感じますね
18-10-24hoshigaki-2th_.jpg
美味しそうですが、渋柿です
18-10-24hoshigaki-3th_.jpg
皮むきした柿、250個ほど剥きますので、大変です
18-10-24hoshigaki-4th_.jpg
ヘタに吊るし紐をつけます
18-10-24hoshigaki-5th_.jpg
軒下に吊るします
18-10-24hoshigaki-6th_.jpg
柿同士がぶつからない様に、キレイに互い違いにするのが面倒ですが、、、
18-10-24hoshigaki-7th_.jpg

イヌショウマ 

イヌショウマ(犬升麻)  英名:Japanese Bugbane
 キンポウゲ科 サラシナショウマ属

 初めて見ました。花は長い穂状花序に多数ついてます。さらに雄しべは多数ついて白色で長くて目立ちます。花期は8~9月とのことですが、先週の調布野草園ではまだ咲き残っていました。

18-10-18iunysyouma-1th_.jpg

18-10-18iunysyouma-2th_.jpg

18-10-18iunysyouma-3th_.jpg
横から見たところ
18-10-18iunysyouma-4th_.jpg
上から見たところ、横からの方がキレイでした。
18-10-18iunysyouma-5th_.jpg
花言葉=逃げる、控え目、自由

清里 TAKEHAYA 2-1

 八ヶ岳南麓にある清里の「TAKEHAYA・旧竹早山荘」に行ってきました。ここは都立竹早高校の元学校寮ですが、現在はイベントや合宿など、どなたでも利用できる便利なフリーレンタルスペースとして利用されています。敷地は7千坪ほどあり、そのほとんどが森林なのでその手入れも大変です。ボランティアで有志でその手入れを毎月1回行っています。
紅葉がピークを過ぎましたが、キレイでした。

18-10-20sansou-1th_.jpg
入り口です
18-10-20sansou-2th_.jpg
楓がとてもキレイ
18-10-20sansou-3th_.jpg
敷地内の林
18-10-20sansou-4th_.jpg
建物テラスからの眺め
18-10-20sansou-5th_.jpg

18-10-20sansou-6th_.jpg

清里 TAKEHAYA 2-2

 先日の台風は清里も強風が吹いて、敷地内の多くの木々が倒れたり枝が折れたりしました。この木も途中で幹が折れて建物にぶつかるかもし知れないので折れたところから切って処置をしました。

18-10-20takehaya-7th_.jpg

18-10-20takehaya-8th_.jpg

18-10-20takehaya-9th_.jpg

18-10-20takehaya-10th_.jpg

18-10-20takehaya-11th_.jpg

18-10-20takehaya-12th_.jpg
この後、太い幹は玉切りし枝葉を始末しました。大仕事でした。
18-10-20takehaya-13th_.jpg
紅葉がキレイで、作業の後ホッとして眺めて癒されました。

ドングリ細工

 今年はドングリが当たり年かもしれません。クヌギも大きくて立派です。コナラ、マテバシイなどのドングリを近所で集めて、可愛いドングリに仕立てて楽しんでいます。出来上がったものはみなさんにお分けしたり、施設に持って行って楽しんでもらっています。

18-10-19donguri-1th_.jpg

18-10-19donguri-2th_.jpg

18-10-19donguri-3th_.jpg

18-10-19donguri-4th_.jpg

18-10-19donguri-5th_.jpg

18-10-19donguri-6th_.jpg

シャクチリソバ

シャクチリソバ(赤地利蕎麦)  英名:Perennial Buckwheat
 タデ科  タデ属

 今、野川の水辺に小さな白い花が目立ちます。シャクチリソバと言います。何と言っても近くで見るとピン色の雄しべがとても可愛いです。11月の下旬になると小さな蕎麦の実がなります。が、エグいので小供養にはなりません。

18-10-17syakuchiri-1th_.jpg

18-10-17syakuchiri-2th_.jpg

18-10-17syakuchiri-3th_.jpg

18-10-17syakuchiri-4th_.jpg

18-10-17syakuchiri-5th_.jpg

18-10-17syakuchiri-6th_.jpg
花言葉=懐かしい想い出、あなたを救う、喜びも悲しみも共に、個性的な

Appendix

今日は何曜日

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    ぶらり

    Author:ぶらり
    野川に架かる神明橋の上流・下流をフィールドに、カワセミ等の野鳥と花を友として、自然を相手に遊んでいます。

    CalendArchive

    FC2カウンター

    最近の記事

    アルバム

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    Google フリー検索

    Google

    WWW検索 ブログ内検索

    自動WEBサイト翻訳

    ブログ内検索

    月別アーカイブ