FC2ブログ

Entries

プラタナス / スズカケノキ

プラタナス  英名:Sycamore
 スズカケノキ科 スズカケノキ属

 鈴をぶら下げたような実がなることで、別名「スズカケノキ(鈴掛木)」とも、モミジバスズカケノキと呼ばれます。岡本民家園の前の公園に実がなりました。強風が吹くと落ちてくるので、たまに出かけては拾って来ます。リースの材料にしています。

18-08-31puratanasu-1th_.jpg

18-08-31puratanasu-2th_.jpg

18-08-31puratanasu-3th_.jpg

18-08-31puratanasu-4th_.jpg

18-08-31puratanasu-6th_.jpg

18-08-31puratanasu-7th_.jpg

18-08-31puratanasu-8th_.jpg
花言葉=天才、非凡

蛇足:大きな葉をつけるため、木陰を作ることを目的として古代ギリシャ時代から並木に使われ、「世界四大並木樹種」の一つに数え上げられる。(世界四大並木樹種は他にトチノキ、ニレ、シナノキ)があります。

オミナエシ

オミナエシ(女郎花)
 オミナエシ科  オミナエシ属

 秋の七草の一つです。清里の「萌木の村」のナチュラルガーデンに咲いていました。萌木の村のランドスケープデザインをしてくれているのはイギリス、バークシャー州生まれのポールスミザーさんです。
ここでは、もう秋の匂いが感じられました。青空をバックに黄色いオミナエシが風に揺らいでいるのが良いですね。

18-08-25ominaeshi-1th_.jpg

18-08-25ominaeshi-2th_.jpg

18-08-25ominaeshi-3th_.jpg

18-08-25ominaeshi-4th_.jpg

18-08-25ominaeshi-5th_.jpg

18-08-25ominaeshi-6th_.jpg
花言葉=美人、はかない恋、親切

サワフタギ

サワフタギ(沢蓋木)
 ハイノキ科 ハイノキ属   別名:ニシゴリ/ルリミノウシコロシ

 明るめの水辺や林で、枝いっぱいに葉を茂らせます。花は4~5月頃に咲き、白色ですが、撮り損なっています。「沢蓋木」という名前は、沢を塞ぐほど繁茂することに由来していて、秋には珍しい藍色の実をつける木として知られます。「三つ池緑地にて」

18-08-27sawahutagi-1th_.jpg

18-08-27sawahutagi-2th_.jpg

この実が全部青くなったら素晴らしいでしょうね!
18-08-27sawahutagi-4th_.jpg

18-08-27sawahutagi-5th_.jpg

18-08-27sawahutagi-6th_.jpg
花言葉=緊張感

クサギ

クサギ(臭木)
 クマツヅラ科  クサギ属

名前で損をしていると思いますが、いかがでしょう? 「ヘクソカズラ」「オオイヌノフグリ」「ママコノシリヌグイ」と並んで嫌な名前ですよね? でも、花や実はキレイですよね!特に蒼色の実はこれから色がもっとキレイになってゆきます。入間町公園にて

18-08-28kusagi-1th_.jpg

18-08-28kusagi-2th_.jpg

18-08-28kusagi-3th_.jpg

18-08-28kusagi-4th_.jpg

18-08-28kusagi-5th_.jpg

18-08-28kusagi-6th_.jpg
花言葉=運命、治療

キバナコスモス

キバナコスモス(黄花コスモス)  英名:golden cosmos/yellow cosmos
 キク科  コスモス属

 黄色やオレンジの花を10月ごろまで咲かせます。キバナアキザクラ(黄花秋桜)とも言われ、よく目にします。東京のコスモス名所8選と言う場所も有るのですね。

18-08-25kibana-1th_.jpg

18-08-25kibana-2th_.jpg

18-08-25kibana-3th_.jpg

18-08-25kibana-4th_.jpg

18-08-25kibana-5th_.jpg
花言葉=野生美、幼い恋心、野性的な美しさ

エキナセア / ムラサキバレンギク

エキナセア  英名:Echinacea
 キク科  ムラサキバレンギク属

 花の中央部分の形が針の様ですね。Echinacea はギリシャ語で「ハリネズミ(またはウニ)」の意味です。和名はムラサキバレンギク(紫馬簾菊)です。色や花姿も色々なものが品種改良せれて、販売されています。

18-08-25ekinasea-1th_.jpg

18-08-25ekinasea-2th_.jpg

18-08-25ekinasea-3th_.jpg

18-08-25ekinasea-4th_.jpg

18-08-25ekinasea-5th_.jpg
花言葉=優しさ、深い愛、ただよう品格、あなたの痛みを癒します

蛇足;名前の由来の「馬簾」とは火消しの纏(まとい)の飾りのことで、垂れ下がった花弁がこれに似ている事からです。

ハナトラノオ

ハナトラノオ(花虎の尾)
  シソ科  ハナトラノオ属 (フィソステギア)属

 フィソステギア・カクトラノオなどとも呼ばれます。この花は暑さにも強いので花の乏しい夏の花壇にうってつけの様です。ボランティアで手入れをしている花壇に来年は植えてみようと思いました。

18-08-20hanatoro-1th_.jpg

18-08-20hanatoro-2th_.jpg

18-08-20hanatoro-3th_.jpg

18-08-20hanatoro-4th_.jpg

18-08-20hanatoro-5th_.jpg
花言葉=望みの成就・達成・希望・素直さ

ジニア / ヒャクニチソウ

ジニア  英名:Common Zinnia
 キク科  ヒャクニチソウ属(ジニア属)

 メキシコ原産のキク科の春まき一年草で、花期の長いところから百日草と呼ばれています。花色は白や赤・ピンク・オレンジ・黄色などで、品種によって一重咲き・八重咲き・絞り咲きなどさまざまな花姿をしています。11月まで咲きますので長い間楽しめますね。

18-08-20jinia-1th_.jpg

18-08-20jinia-2th_.jpg

18-08-20jinia-3th_.jpg

18-08-20jinia-4th_.jpg

18-08-20jinia-6th_.jpg
花言葉=遠い友を想う・いつまでも変わらぬ心・高貴な心・幸福

キバナシュクシャ / ジンジャーリリー

キバナシュクシャ(黄色花縮紗)    英名: Garland Lily / ginger lily
 ショウガ科  シュクシャ属(ヘディキウム属)

 インド原産で、花序の長さが他種よりも長く、黄色の花が多く咲いてきれいです。一般的にジンジャー・リリーとも呼ばれ白花、赤花などがあります。この場所は岡本民家園の前にある「鎌田前耕地緑道」で咲いていました。
ハワイでは花嫁さんを祝福するレイに使われます。

18-08-20jinjya-1th_.jpg

18-08-20jinjya-2th_.jpg

18-08-20jinjya-3th_.jpg

18-08-20jinjya-4th_.jpg

18-08-20jinjya-5th_.jpg

18-08-20jinjya-6th_.jpg
花言葉=豊かな心、あなたを信頼します、信頼、慕われる愛、無駄なこと

アジアンハイビスカス / アベルモスクス

アジアンハイビスカス
 アオイ科  トロロアオイ属

 これも初見です。オーストラリア北部などが原産の春まき一年草です。本来は宿根草ですが、耐寒性がないので春まき一年草として扱われます。オクラなどの黄色い花の親戚の様です。雌しべなどをみるとフヨウに似ています。別名をアカバナワタ、ヒメトロロアオイ とも呼ばれています。本名はアベルモスクスです。

18-08-20ajian-1th_.jpg

18-08-20ajian-2th_.jpg

18-08-20ajian-3th_.jpg

18-08-20ajian-4th_.jpg

18-08-20ajian-5th_.jpg
花言葉=片思い、きらびやか、今日も良い一日を

キバナツノゴマ

キバナツノゴマ(黄花角胡麻)  英名:devil's claw(悪魔の爪), Yellow unicorn plant(ユニコーンの植物)
 ツノゴマ科  ツノゴマ属

 南アメリカ原産の花で、華やかな花と好奇心を引くさやをつけることから観賞用として栽培されている様ですが、これも初めて祖師谷公園の花壇で見ました。花も良いですがタネが凄いらしいです。タネができた頃に再訪して見ます。

18-08-16kibana-1th_.jpg

18-08-16kibana-2th_.jpg

18-08-16kibana-3th_.jpg

18-08-16kibana-4th_.jpg

18-08-16kibana-5th_.jpg

花も茎も全体がベタベタとしている腺毛が生えているので、小さな昆虫たちは寄ってきただけでくっついちゃうそうです。
18-08-16kibana-6th_.jpg

18-08-16kibana-7th_.jpg
花言葉=私を何処かへ連れて行って

ショウジョウソウ

ショウジョウソウ(猩々草)  英名:annual poinsettia
 トウダイグサ科  ユーフォルビア属

 昨年初めて見たときはビックリしました。夏なのにポインセチア? と思いました。同じトウダイグサ科なのですね。別名はそう言うわけで、サマーポインセチア。葉の一部を赤く変化させて花に見せているのです。葉の真ん中にある小さなものが花です。祖師谷公園の近くの畑の脇に咲いていました。

18-08-18syoujyou-1th_.jpg

18-08-18syoujyou-2th_.jpg

18-08-18syoujyou-3th_.jpg

18-08-18syoujyou-4th_.jpg

18-08-18syoujyou-5th_.jpg

小さな「イチモンジセセリ」蝶がやって来ました。
18-08-18syoujyou-6th_.jpg
花言葉=祝福・希望・仲間
蛇  足:茎や葉を傷つけると白い乳液が出ます。触るとかぶれますので、ご注意を

Appendix

今日は何曜日

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    ぶらり

    Author:ぶらり
    野川に架かる神明橋の上流・下流をフィールドに、カワセミ等の野鳥と花を友として、自然を相手に遊んでいます。

    CalendArchive

    FC2カウンター

    最近の記事

    アルバム

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    Google フリー検索

    Google

    WWW検索 ブログ内検索

    自動WEBサイト翻訳

    ブログ内検索

    月別アーカイブ