FC2ブログ

成城/野川deぶらり<2>

世田谷の成城付近を流れる「野川」は、国分寺崖線に沿って流れる 一級河川で、都内でも珍しい程自然に恵まれた緑の多い、流れのきれいな所です。カメラを片手に「ぶらり、 ぶらり」と 歩いています。

コリウス  

コリウス   英名:Coleus  別名:キンランジソ(金襴紫蘇)
シソ科 コリウス属

初夏から秋にかけて見ごろになる葉を鑑賞する観葉植物です、品種改良によって生み出された園芸品種が現在では100以上もあるそうです。ダークカラー系が私の好みですが、いざ購入となると品種が多いので迷いますよね。

17-07-26Coleus-1th_.jpg

17-07-26Coleus-2th_.jpg

17-07-26Coleus-3th_.jpg

17-07-26Coleus-4th_.jpg

17-07-26Coleus-5th_.jpg

17-07-26Coleus-6th_.jpg
花言葉=善良な家風、かなわぬ恋、恋の望み、慎み深さ

Posted on 2017/07/31 Mon. 14:02 [edit]

category: 植物/花

tb: --   cm: 0

ヤブガラシ  

ヤブガラシ(藪枯らし)
 ブドウ科  ヤブガラシ属

 蔓性のヤブガラシはその名の通り、藪をも覆って枯らしてしまうほどの生育の旺盛さです。野川の植え込みも毎年覆われます。花自体はロウソク立てみたいな形の可愛いものです。別名:ビンボウカズラ(貧乏葛)

17-07-23yabugarashi-1th_.jpg

17-07-23yabugarashi-2th_.jpg

17-07-23yabugarashi-3th_.jpg
西洋ミツバチが吸蜜していました
17-07-23yabugarashi-4th_.jpg

17-07-23yabugarashi-5th_.jpg
花言葉=積極的、攻撃的

Posted on 2017/07/30 Sun. 10:29 [edit]

category: 植物/花

tb: --   cm: 0

サルスベリ その2  

サルスベリ(猿滑/サルスベリ) (百日紅/ヒャクジツコウ)
 ミソハギ科・サルスベリ属

 きたみふれあい広場南側の遊歩道、ピンクのサルスベリがキレイです。10本ほどが植えられていて見頃です。

17-07-27sarusuberi-6th_.jpg

17-07-27sarusuberi-7th_.jpg

17-07-27sarusuberi-9th_.jpg

17-07-27sarusuberi-10th_.jpg

17-07-27sarusuberi-11th_.jpg

Posted on 2017/07/29 Sat. 23:07 [edit]

category: 植物/花

tb: --   cm: 0

サルスベリ  

サルスベリ(猿滑/サルスベリ) (百日紅/ヒャクジツコウ)
 ミソハギ科・サルスベリ属

 今最も目立つ花がサルスベリですね。花の色もピンク、白、濃い紅紫、紫など様々な色が見られます。きたみふれあい広場の南側にも3色のサルスベリが同時に見られます。
サルスベリの別名「百日紅(ヒャクジツコウ)」は、朝鮮半島の悲しい恋物語に由来しています。昔、旅をしていた王子が竜神を退治し、生贄にされていた娘を助けました。二人は恋人となり、100日後に再会するという約束を交わしますが、娘は約束の日を目前に他界してしまいます。その後娘のお墓から紅色の花が咲く木が1本生えてきたことから、村人たちはこの木を「百日紅」と名づけたそうです。
17-07-27sarusuberi-1th_.jpg

17-07-27sarusuberi-2th_.jpg

17-07-27sarusuberi-3th_.jpg

17-07-27sarusuberi-4th_.jpg

17-07-27sarusuberi-5th_.jpg
花言葉=雄弁、愛嬌、不用意、あなたを信じる

Posted on 2017/07/29 Sat. 10:02 [edit]

category: 植物/花

tb: --   cm: 0

カラスウリ  

カラスウリ(烏瓜)  英名:Japanese snake gourd
 ウリ科  カラスウリ属

  夏の夜に花が咲きます。夕暮れ時から日没までの一時間ほどの間と限られているそうです。咲き始めを見るには夜のウオーキング時がいいですね。花は翌朝日が昇る頃にはしぼんでしまいます。が、一部は咲き残ります。また、曇りの日も咲き残るようです。

17-07-27karasu-1th_.jpg

17-07-27karasu-2th_.jpg

17-07-27karasu-3th_.jpg

17-07-27karasu-4th_.jpg

17-07-27karasu-5th_.jpg
花言葉=よき便り、誠実、男ぎらい、二面性

Posted on 2017/07/28 Fri. 21:38 [edit]

category: 植物/花

tb: --   cm: 0

オニユリ  

オニユリ(鬼百合)  英名:Tiger lily
 ユリ科・ユリ属

 草丈は1~2mと大型で、花を下向きに咲かせます。花はオレンジ色で、褐色の斑点が無数にあり、英語名のTiger lilyも頷けますね。花びらが後ろ向きに反り返っているのが特徴です。仙川に買い物に行く途中で見つけました。

17-07-26oniyuri-1th_.jpg

17-07-26oniyuri-2th_.jpg

17-07-26oniyuri-3th_.jpg

17-07-26oniyuri-4th_.jpg

17-07-26oniyuri-5th_.jpg
葉の付け根に「ムカゴ(零余子)」と呼ばれる黒い実が見られます。ムカゴは、大きくなった芽で、球根のような性質を持っているので、ムカゴから育てることもできます。
17-07-26oniyuri-6th_.jpg
花言葉=愉快、富と誇り、荘厳、華麗、賢者、陽気

Posted on 2017/07/27 Thu. 17:51 [edit]

category: 植物/花

tb: --   cm: 0

ヒルガオ  

ヒルガオ(昼顔   英名:False bindweed
ヒルガオ科  ヒルガオ属

 野川の周辺でもあちこちでヒルガオが咲いています。名前のとおり、昼間に開花。夕方にはしぼんでしまいますが、晩春から秋まで長い間咲き続けます。

17-07-24hirugao-1th_.jpg

17-07-24hirugao-2th_.jpg

17-07-24hirugao-3th_.jpg

17-07-24hirugao-4th_.jpg

17-07-24hirugao-5th_.jpg
花言葉=絆、優しい愛情、友達のよしみ、和やかさ

蛇足:風水での意味というのがありました。
昼顔を使って風水の開運を招き入れるためには、庭や鉢植えにしてみて楽しむのもよいそうです。写真を撮って壁などに飾っておくだけでも効果があります。飾る方角は、東、東北、北西、南東、そして家の中心などに置くと吉と言われています。

Posted on 2017/07/26 Wed. 14:32 [edit]

category: 植物/花

tb: --   cm: 0

コンロンカ  

コンロンカ(崑崙花)  英名:Mussaenda parviflora
アカネ科 コンロンカ属

 花びらのように見える白い箇所は、花びらでもなく、葉でもなく、萼片です。コンロンカの花は、黄色の小さな星形の花です。初めて見ました。今度園芸店で見かけたらぜひ家で栽培したいと思いました。別名を「ハンカチの花」と言います。涼しげでとてもいいですね。

17-07-25hankachi-1th_.jpg

17-07-25hankachi-2th_.jpg

17-07-25hankachi-3th_.jpg

17-07-25hankachi-4th_.jpg

17-07-25hankachi-5th_.jpg
花言葉=神話

蛇足:ハンカチの木は、「ハンカチノキ」という別の植物を指します。ハンカチの木で咲く花が、ハンカチの花というのは誤りです。ちなみに、ハンカチノキは、ミズキ科ハンカチノキ属なので、科名も属名もコンロンカとは全く異なります。

Posted on 2017/07/25 Tue. 17:07 [edit]

category: 植物/花

tb: --   cm: 0

キムネクマバチ   

キムネクマバチ
 ミツバチ科  クマバチ属

 以前は「クマバチとかクマンバチ」と言われていましたが、最近キムネクマバチと呼ばれるようになってきています。涼しげなブルーサルビアやアベリアにやってきて蜜を吸っていました。クマバチのメスは刺しますが、オスのハチは刺しません。巣を襲われた時などに限られるようです。ふだんはおとなしいハチです。

17-07-05kimune-1th_.jpg

17-07-05kimune-2th_.jpg

17-07-05kimune-3th_.jpg
クマバチのメスがアベリアで吸蜜しています。よく見ると、花の正面から蜜を吸っているわけではありません。花の付け根付近から吸っています。盗蜜といいます。
17-07-05kimune-4th_.jpg

17-07-05kimune-5th_.jpg
ブルーサルビアの花言葉=永遠にあなたのもの、尊重、知恵、情熱、家庭の徳、全て良し

Posted on 2017/07/24 Mon. 13:25 [edit]

category: 昆虫/動物

tb: --   cm: 0

ナガサキアゲハ  

ナガサキアゲハ(長崎揚羽)  英名:Great Mormon
 アゲハチョウ科  アゲハチョウ属

 大きさ (前翅長)60-80mmくらいで、一昨年あたりからこの辺りでも見かけるようになりました。オスは黒一色ですが、メスは翅の基部が赤色で白色紋があります。幼虫はミカン、ダイダイ、カラタチなどの葉を食べて育ちます。初めはクロアゲハかなと思いましたが、調べて見るとアジア東南部から本州南部に生息するナガサキアゲハでした。 アベリアの花で吸蜜していました。

17-07-06nagasaki-1th_.jpg

17-07-06nagasaki-2th_.jpg

17-07-06nagasaki-3th_.jpg

17-07-06nagasaki-4th_.jpg
アベリアの花言葉=強運、謙譲、気品、謙虚

Posted on 2017/07/23 Sun. 21:03 [edit]

category: 昆虫/動物

tb: --   cm: 0

バーベナ・リギダ  

バーベナ・リギダ
クマツヅラ科  バーベナ属

 サクラソウのような形の花が可愛いですね。和名は宿根バーベナ(シュッコンバーベナ)。草丈20〜50cmで分枝性がよく、初夏から秋にかけて円錐状に紫色や白色の花を咲かせます。

17-07-22Verbena-1th_.jpg

17-07-22Verbena-3th_.jpg

17-07-22Verbena-4th_.jpg

17-07-22Verbena-6th_.jpg

17-07-22Verbena-7th_.jpg
花言葉=家族の幸福、勤勉家

Posted on 2017/07/22 Sat. 17:59 [edit]

category: 植物/花

tb: --   cm: 0

クールマイヨールからモンブランを眺めるハイキング  

 7月13日はコーニュからバスで移動してクールマイヨールに行き、そこからヨーロッパ最高峰、モンテ・ビアンコ(モンブラン)4,810mを眺めるハイキングです。モンブランをイタリア側から見るのが今回の目的の一つでしたが、天候も良くモンブランを見直した(イタリア側の方が断然カッコいいです)良い1日でした。
(歩行距離8km・歩行時間5時間・標高差350m) 

コーニュの村
17-07-13ko-nyuth_.jpg
奥の山がモンテ・ビアンコ(=モンブラン)
17-07-13bianko-1th_.jpg
山の湖水に逆さモンテ・ビアンコが見られました
17-07-13bianko-2th_.jpg
圧倒的な岩の塊、迫力がすごいですね。氷河も見られますが、年々後退してあと何年後かには、氷河がなくなってしまいそうです。
17-07-13bianko-3th_.jpg
今回の目的の一つでしたマッターホルンとモンブランをイタリア側から見る事でしたが、バッチリと見られて、トレッキングもできて満足でした。イタリアのアオスタ地方はとても魅力的なところです、機会があればもう一度訪ねたいものです。これで終了します。

Posted on 2017/07/21 Fri. 21:15 [edit]

category: 番外編

tb: --   cm: 0

今日は何曜日

文字を大きく・小さく

プロフィール

CalendArchive

FC2カウンター

最近の記事

アルバム

カテゴリー

天気予報

Google フリー検索

自動WEBサイト翻訳

ブログ内検索

リンク

月別アーカイブ


▲Page top