FC2ブログ

Entries

ムギワラトンボ

ムギワラトンボ(麦藁蜻蛉)  英名:Common skimmer
 トンボ科  シオカラトンボ属

 びっくりしました。もうトンボが家のゼラニュウムに止まっていました。温暖化のせいか季節が狂って来ているこの頃ですね。シオカラトンボのメス(♀)は、その体色からムギワラトンボ(麦藁蜻蛉)とも呼ばれています。

17-05-28mugiwara-1th_.jpg

17-05-28mugiwara-2th_.jpg

17-05-28mugiwara-3th_.jpg

17-05-28mugiwara-4th_.jpg

オオキンケイギク

オオキンケイギク(大金鶏菊)
 キク科  

 キバナコスモスに似ていますが、この花はとても強く冬のグランドカバー効果が高く、花もきれいなので、緑化のため道路の法面等に使用されたり、ポット苗としても流通していました。
しかし、現在は日本の生態系に重大な影響をおよぼすおそれがある植物として、外来生物法による「特定外来生物」に指定され、栽培、運搬、販売、野外に放つことなどが禁止されています。それがなぜか?きたみふれあい広場にたくさん咲いていました。

17-05-29ookinkeigiku-1th_.jpg

17-05-29ookinkeigiku-2th_.jpg

17-05-29ookinkeigiku-3th_.jpg

17-05-29ookinkeigiku-4th_.jpg

17-05-29ookinkeigiku-5th_.jpg

17-05-29ookinkeigiku-6th_.jpg
花言葉=いつも明るく、きらびやか

蛇足;「特定外来生物」とは、外来生物法により、生態系などに被害を及ぼすものとして指定された生物です。
 外来生物法では、特定外来生物に指定された生物を飼育・栽培・保管・運搬・販売・譲渡・輸入・野外に放つことなどを原則禁止しています。
※罰則 これらの項目に違反した場合、最高で個人の場合懲役3年以下もしくは300万円以下の罰金、法人の場合1億円以下の罰金が科せられます。

クレマチス その2

クレマチス(和名:鉄線、風車)  英名:Leather flower
 キンポウゲ科  センニンソウ属

 我が家のベランダで咲いているクレマチス。先日の写真は5月27日に撮ったものですが、開花すると早いもので、今日は12輪も咲き出しました。あと5〜6輪ほど蕾がありますので、全部咲いたらキレイでしょう。
花が咲き終わったら、剪定します。 すると「二番花」「三番花」を咲かせ、長く楽しむことができるようです。

17-05-30kurema-1th_.jpg

17-05-30kurema-2th_.jpg

17-05-30kurema-3th_.jpg

17-05-30kurema-4th_.jpg

ナツグミ

ナツグミ(夏茱萸)  英名:Cherry silverberry
 グミ科  グミ属

 夏茱萸と似たのもに唐茱萸(トウグミ)があります。よく似ていて区別が付きにくいので、表示に従ってナツグミにします。もう赤い実がなっていました、野鳥も好んで食べますが、食べてみましたがちょっとエグいです。
尚、アキグミは花期は春ですが、果実が赤熟するのは秋です。それでアキグミというのですね〜。

17-05-28natugumi-1th_.jpg

17-05-28natugumi-2th_.jpg

17-05-28natugumi-3th_.jpg

17-05-28natugumi-4th_.jpg

17-05-28natugumi-5th_.jpg
花言葉=野性美、用心深い、野生美

アカンサス

アカンサス(ハアザミ、葉薊)  英名:Acanthus
 キツネノマゴ科  ハアザミ属(アカンサス属)

 地中海沿岸に約20種が分布し、ギリシアの国花になっています。古代ギリシア・ローマ時代、コリント様式の建築に、アカンサスの葉が彫刻のモチーフとして用いられました。花穂は長さ60cmくらいで力強い姿です。

17-05-28akansassu-1th_.jpg

17-05-28akansassu-2th_.jpg

17-05-28akansassu-3th_.jpg

17-05-28akansassu-4th_.jpg

17-05-28akansassu-5th_.jpg
花言葉=芸術、技巧、美術、巧妙、巧みさ、友情、離れない結び目、不死

ムラサキカタバミ

ムラサキカタバミ(紫片喰、紫酢漿草)  英名:Violet wood-sorrel
 カタバミ科  カタバミ属
 
 優しいピンク色がいいですね。何か癒されます。ムラサキカタバミとは、江戸時代末に観賞目的で輸入されたものが、各地で野生化・繁殖した帰化植物です。芋カタバミに似ていますが、花の中央にある雄しべのヤク(葯)色が黄色で、ムラサキカタバミの方は白いことで見分けられます。 

17-05-28mueasaki-1th_.jpg

17-05-28mueasaki-2th_.jpg

17-05-28mueasaki-3th_.jpg

17-05-28mueasaki-4th_.jpg
花言葉=喜び、心の輝き

クレマチス

クレマチス(和名:鉄線、風車)  英名:Leather flower
 キンポウゲ科  センニンソウ属

 英国ではつる性植物の女王として位置づけられ、バラのパートナープランツとして親しまれています。日本原産の「カザグルマ」、中国原産の「テッセン」、欧米原産の「インテグリフォリア」などいくつかの原種を元に品種改良が進められ、今では230以上の品種があります。今年は我が家のベランダに合わせ、コンパクトタイプのクレマチス導入しました。(1枚目の写真、他は散歩の途中で咲いていたものです)

17-05-27kurema-1th_.jpg

17-05-27kurema-2th_.jpg

17-05-27kurema-3th_.jpg

17-05-27kurema-4th_.jpg

17-05-27kurema-5th_.jpg

17-05-27kurema-6th_.jpg
花言葉=精神美、美しい心 旅人の喜び、創意工夫

パンジーゼラニウム

パンジーゼラニウム  英名:Splendide geranium
 フウロソウ科 / テンジクアオイ属(ペラルゴニウム属)

 パンジーゼラニウムは、ゼラニウムと同じペラルゴニウム属の仲間で、パンジーのような花を咲かせることから、そう呼ばれています。2色の色合いがとてもいいですね。好みなので昨年まで園芸店で購入してベランダで育てていましたが、夏を越すのが難しく、高温多湿に弱いことなどで、いつも水のやりすぎで枯れてしまいます。キレイな花なので園芸店にあったものを撮りました。

17-05-21panji-1th_.jpg

17-05-21geranium-2th_.jpg

17-05-21geranium-3th_.jpg

17-05-21geranium-4th_.jpg
花言葉=あなたを深く尊敬します、物想い、心の平和、純愛

ミニヒマワリ

ミニヒマワリ(ミニ向日葵)  英語:Common sunflower
 キク科  ヒマワリ属

 ミニひまわりは、花の大きさが10cmほど、草丈が25~30cmほどのコンパクトサイズなひまわりです。花壇のプランターに植えました。小さくても黄色い可愛い姿が、元気を与えてくれます。

17-05-27himawari-1th_.jpg

17-05-27himawari-2th_.jpg

17-05-27himawari-3th_.jpg

17-05-27himawari-4th_.jpg

17-05-27himawari-5th_.jpg
花言葉=崇拝、敬慕、愛慕、憧れ、あなたを見つめる、貴方は素晴らしい

カシワバアジサイ

カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)
 アジサイ科  アジサイ属

 カシワバアジサイが咲いています。長さ15~30㎝程度の大きな円錐形の花が面白いです。花のように見える部分は、ガクが大きく発達した「装飾花」と呼ばれるもので、本来の花は装飾化の内側にある小さな両性花です。
今日はこの側にある花壇に夏用のお花を植え付けました。

17-05-27kashiwaba-1th_.jpg

17-05-27kashiwaba-2th_.jpg

17-05-27kashiwaba-3th_.jpg

17-05-27kashiwaba-4th_.jpg

17-05-27kashiwaba-5th_.jpg

DSCN0695th_.jpg
花言葉=慈愛 、汚れなき心、清純、優美、皆を引き付ける魅力、元気な女性

ヤマボウシ

ヤマボウシ(山法師)
ミズキ科  ミズキ属
 
 ハナミズキによく似ていますね。ヤマボウシは日本が原産なのに対して、ハナミズキはアメリカからの外来種です。9月から10月にはトゲのある真っ赤な実をつけます。果肉は濃い黄色でマンゴーのような甘みがあり、シャリシャリとした食感で食べることができます。また、ジャムや果実酒などによく加工されています。

17-05-11yamaboushi-1th_.jpg

17-05-11yamaboushi-2th_.jpg

17-05-11yamaboushi-3th_.jpg

17-05-11yamaboushi-4th_.jpg

17-05-11yamaboushi-5th_.jpg
花言葉=友情

ハナビシソウ

ハナビシソウ(花菱草)  英名:California poppy
 ケシ科  ハナビシソウ属

 アメリカのカリフォルニア州が原産です。別名では「カリフォルニア ポピー」と言います。黄色とオレンジ色がグラデーションにになっていてキレイです。埼玉県の長瀞にある花の里「ハナビシソウ園」ではハナビシソウやポピーが見ごろだと今日のニュースでやってました。長瀞駅から徒歩7分、郷土資料館の隣で、入場には、協力金として1人200円との事。行ってみたいです。

17-05-11hanabishi-1th_.jpg

17-05-11hanabishi-2th_.jpg

17-05-11hanabishi-3th_.jpg

17-05-11hanabishi-4th_.jpg
花言葉=願いをかなえて、希望

Appendix

今日は何曜日

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    ぶらり

    Author:ぶらり
    野川に架かる神明橋の上流・下流をフィールドに、カワセミ等の野鳥と花を友として、自然を相手に遊んでいます。

    CalendArchive

    FC2カウンター

    最近の記事

    アルバム

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    Google フリー検索

    Google

    WWW検索 ブログ内検索

    自動WEBサイト翻訳

    ブログ内検索

    月別アーカイブ