FC2ブログ

Entries

ゴンズイ

ゴンズイ (権萃)
 ミツバウツギ科  ゴンズイ属

 花は淡黄緑色の小さな目立たないものですが、秋になるとひと際目立ちます。赤と黒とのバランスがとてもいいですね。木材は薪以外に使い道がなく役に立たないところから、何の役にも立たない魚ゴンズイの名が付いたとさています?

16-09-12gonzui-1th_.jpg

16-09-12gonzui-2th_.jpg

16-09-12gonzui-3th_.jpg

16-09-12gonzui-4th_.jpg
花言葉=一芸に秀でる

キンモクセイ

キンモクセイ(金木犀)
 モクセイ科  モクセイ属

 散歩の途中にいい香りが漂い始めました。金木犀ですね。中国南部が原産で、江戸時代に日本に伝わってきました。
ところで中国の桂林はこのキンモクセイの名所でもあります。

 金木犀の木は中国語は「桂花樹」といいます。そして金木犀の花は「桂花」といいます。金木犀は桂林では2500年前からすでに栽培し始めました。一番古い金木犀の木は桂林市の郊外部の唐家里村にある千年の樹齢もある「桂花王」という古木です。
桂林の木犀は主に丹木犀、金木犀、銀木犀と四季木犀の四種類あります。色はそれぞれオレンジ色、黄色と白があります。そのうち、丹木犀は一番大事なものです。その次は銀木犀と四季木犀です。
一番多いのは金木犀です。金木犀の見所は主に王城、黑山植物園、象鼻山公園、西山公園などたくさんありますが、七星公園は木犀の木が一番多くて見物のいい所だと思います。「ふれあい中国」より引用。

16-09-28kinmokusei-1th_.jpg

16-09-28kinmokusei-2th_.jpg

16-09-28kinmokusei-3th_.jpg

16-09-28kinmokusei-5th_.jpg

16-09-28kinmokusei-6th_.jpg
花言葉=謙虚、気高い人、初恋、陶酔、真実の愛

ジュズサンゴ

ジュズサンゴ(数珠珊瑚)
 ヤマゴボウ科  リヴィナ属

 花は6月~10月くらいまでで、小さな白い花を房状に咲かせたあと、径5㎜程度の光沢のある鮮やかな赤い果実を実らせます。これが数珠のように連なっているので、こんな名前がつきました。

16-09-16jyuzusango-1th_.jpg

16-09-16jyuzusango-2th_.jpg

16-09-16jyuzusango-3th_.jpg
花言葉=ひたむきな姿勢、移り気

キキョウ

キキョウ(桔梗)
 キキョウ科  キキョウ属

 青紫色をした星形の花びらが素敵です。秋の七草のひとつとして秋を代表する花で、古くから日本人にとってなじみ深いキキョウは、近年その個体数が減少しているそうです。

16-09-15kikyou-1th_.jpg

16-09-15kikyou-2th_.jpg

16-09-15kikyou-3th_.jpg
花言葉=変わらぬ愛、気品、誠実、従順、やさしい愛情、清楚、永遠の愛、変わらぬ心、友の帰りを願う

トウガラシ

トウガラシ(唐辛子)
 ナス科  トウガラシ属

 観賞用トウガラシは、緑や紫、クリーム色から赤や黄、オレンジ色に変化するカラフルな果実を主に観賞します。育てるにはそれほど難しくはなく、水は毎日少しずつ与えるのではなく、乾いたらたっぷり水をやるこのメリハリが大切のようです。

16-09-15tougarashi-1th_.jpg

16-09-15tougarashi-2th_.jpg

16-09-15tougarashi-3th_.jpg
花言葉=旧友、嫉妬、雅味、生命力、悪夢がさめた

センニンソウ

センニンソウ(仙人草)
 キンポウゲ科  センニンソウ属

 日当たりのよい路傍や林の縁などで、つるを樹木などに絡ませて自生します。
仙人草という名前は、秋になると果実の先端につく白い羽毛状のものを、仙人のひげに見立てたことから名付けられました。

16-09-09sennin-1th_.jpg

16-09-09sennin-2th_.jpg

16-09-09sennin-3th_.jpg

16-09-09sennin-4th_.jpg
花言葉=安全、無事、あふれるばかりの善意

ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)
 タテハチョウ科  ドクチョウ亜科

 春から11月まで観察できます。南方系の蝶ですが、幼虫がパンジーなどスミレ類を広く食べることから園芸植物にまぎれて広がったようです。写真は♂です。

16-09-17tumaguro-2th_.jpg

16-09-17tumaguro-3th_.jpg

16-09-17tumaguro-4th_.jpg

16-09-17tumaguro-5th_.jpg

エキナセア

エキナセア
 キク科  ムラサキバレンギク属

 花が終わりに近づくと花中央部が盛り上がってくる不思議な花です。花を乾燥させればハーブティーやポプリにして楽しむこともできるそうで、欧米でとても人気が高いお花です。ルドベキアに非常によく似ていますね。別名はムラサキバレンギク(紫馬簾菊)

16-09-07ekinasea-1th_.jpg

16-09-07ekinasea-3th_.jpg

16-09-07ekinasea-4th_.jpg

16-09-07ekinasea-2th_.jpg

16-09-07ekinasea-5th_.jpg
花言葉=優しさ、深い愛、ただよう品格、あなたの痛みを癒します

ペンタス

ペンタス
アカネ科 ペンタス属

 ペンタスは星型をしていて花びらが5つに裂けていることから5を意味する「ペンタ」が名前の由来と言われています。 春から秋まで白、赤、ピンク、紫など彩りも豊富で楽しませてくれます。

16-09-03pentasu-1th_.jpg

16-09-03pentasu-2th_.jpg

16-09-03pentasu-3th_.jpg

16-09-03pentasu-4th_.jpg

16-09-03pentasu-5th_.jpg
花言葉=願い事、希望がかなう、誠実、博愛、博愛心

セイロンライティア

セイロンライティア
 キョウチクトウ科  ライティア属

 スリランカ(セイロンが以前の国名)の標高600m付近に自生する植物です。純白の花が清楚でとても上品な感じです。5枚の花びらの他に、中央部分に王冠のような小さな花びらがあるのが面白いですね。

16-09-15seiron-1th_.jpg

16-09-15seiron-2th_.jpg

16-09-15seiron-3th_.jpg

16-09-15seiron-4th_.jpg

16-09-15seiron-6th_.jpg
花言葉=清純、清楚、内気の美しさ、よみがえり、再会

エノキ

エノキ(榎)
 ニレ科  エノキ属

 赤い小さな実がなっていました。この樹にはこんな実がなるのだと気がつきました。4月頃には葉腋に雄花を、新枝の上部の葉腋に両性花を付けるそうですが、目立たないので見過ごしていました。赤い実は野鳥の好物だそうでアカハラ、オナガ、カラス、コジュケイ、シメ、シロハラ、ツグミ、ヒヨドリ、ムクドリ、メジロ、レンジャクなどがやってくるそうです。成城4丁目緑地には野鳥が好む樹木が意識的に植えられています。

16-09-14enoki-1th_.jpg

16-09-14enoki-2th_.jpg

16-09-14enoki-3th_.jpg

16-09-14enoki-4th_.jpg

16-09-14enoki-5th_.jpg
花言葉=協力、力を合わせる、共存共栄

クサギ

クサギ(臭木)
 クマツヅラ科  クサギ属

 花は形も色も結構キレイですよね。でも名前は臭木という名前が付いています。葉などを揉んだり傷つけるとかなり強烈な臭いがするそうですが、試したことはありません。実もピンクと濃紺で可愛いくて、この時期目立ちます。

16-09-12kusagi-1th_.jpg

16-09-12kusagi-2th_.jpg

16-09-12kusagi-3th_.jpg

16-09-12kusagi-4th_.jpg

16-09-12kusagi-5th_.jpg
花言葉=運命、治療

Appendix

今日は何曜日

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    ぶらり

    Author:ぶらり
    野川に架かる神明橋の上流・下流をフィールドに、カワセミ等の野鳥と花を友として、自然を相手に遊んでいます。

    CalendArchive

    FC2カウンター

    最近の記事

    アルバム

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    Google フリー検索

    Google

    WWW検索 ブログ内検索

    自動WEBサイト翻訳

    ブログ内検索

    月別アーカイブ