FC2ブログ

Entries

サルスベリ

サルスベリ(猿滑)
 ミソハギ科  サルスベリ属

 別名「百日紅」(ヒャクジツコウ)と言われ、約100日間、花を咲かせるのが名前の由来。これはマンションの前に植えられていて、薄いピンクの上品な色合いで気に入っています。

16-07-17sarusuberi-1th_.jpg

16-07-17sarusuberi-2th_.jpg

16-07-17sarusuberi-3th_.jpg
花言葉=雄弁、愛敬、不用意、愛嬌、活動、世話好き、潔白、あなたを信じる

アナベル

アナベル
アジサイ科 アジサイ属

 紫陽花は終わったのに、似た花だな〜と思いました。調べるとアナベルでした。アナベルは北アメリカ東部原産のアジサイの1種で西洋アジサイの1つであるワイルドハイドランジアという種類を改良して作られたそうです。
真っ白で、小さな花がたくさん集まり、てまりのようにこんもりとした花がいいですね。

17-07-20anabel-1th_.jpg

17-07-20anabel-2th_.jpg

17-07-20anabel-3th_.jpg

17-07-20anabel-5th_.jpg

17-07-20anabel-4th_.jpg
花言葉=ひたむきな愛、辛抱強い愛情

フヨウ

フヨウ(芙蓉)
 アオイ科   フヨウ属

  朝咲いて夕方にはしぼむ1日花で、毎日次々と開花します。ムクゲと似ていますが、葉がムクゲより大きいこと、めしべの先端が曲がっていることで容易に区別できます。

16-07-23fuyou-1th_.jpg

16-07-23fuyou-2th_.jpg

16-07-23fuyou-3th_.jpg

16-07-23fuyou-4th_.jpg

16-07-23fuyou-5th_.jpg

16-07-23fuyou-6th_.jpg
花言葉=しとやか、繊細な美、しとやかな恋人、日ごとの美しさ、華やかな性格、華やかな恋、華やかな生活、育つほど美しい、抱擁力、特別な人

モンシロチョウ

モンシロチョウ(紋白蝶)
 シロチョウ科  シロチョウ亜科

 野川でも一番数が多い蝶ですが、最近はあまり見ることが少なく感じます。アブラナの葉っぱに卵を産みつけます。今日はユリオプスデイジーの花で吸蜜をしていました。

16-07-17monshiro-1th_.jpg

16-07-17monshiro-2th_.jpg

16-07-17monshiro-3th_.jpg

16-07-17monshiro-4th_.jpg
花は「ユリオプスデージー」です。
 花言葉=明るい愛、清楚、無意識、無邪気

お風呂の床の黒ずみ

 今のマンションに引っ越してきて早いもので、13年になりました。環境の良さは当初と変わらず維持されていて、気持ち良く日々の暮らしを楽しんでいます。

 お風呂の後の掃除もこまめにやったきたつもりですが、少しずつ長年の汚れが付いてバスピカ、クレンザー、クエン酸など色々と試してきましたが、いよいよ黒ずみが気になり、インターネットで検索してみました。
みなさん苦労しているようで、同じような方法のものが紹介されていましたが、一つ素晴らしい方法が目につき、早速それを試したみました。
スリーエムの「クリーナー30」というシールはがしを使うというもので、黒ずんだところにスプレーをして15分ほど置いて、その後ブラシ(歯ブラシは小さいので、大きめのブラシがオススめ)で擦ると、綺麗に落ちました。(ここをクリックしてください)
 素晴らしい方法でした。長年の汚れが一気に落ちて、引っ越してきたときのように綺麗になりました。そこで、恥ずかしながらその結果を披露しようと思いました。
いっぺんにやると疲れますので、全体を3日間に分けてゆっくりと処理しました。全てキレイになってとても気持ちがいいです。この方法オススメしますよ。

16-07-23furoba-1th_.jpg

16-07-23furoba-2th_.jpg

16-07-23furoba-3th_.jpg

16-07-23furoba-4th_.jpg

16-07-23furoba-5th_.jpg

16-07-23furoba-6th_.jpg
スリーエムの「クリーナー30 330ml 」はホームセンターやAmazonで販売しています 1,000〜1,500円くらい。

カラスウリ

カラスウリ
ウリ科  カラスウリ属

 最近、夜のウオーキングを始めました。野川にかかる神明橋の右岸(下流に向かって右側)にカラスウリが夜目にも白い花がキレイです。糸状に長く伸びたものは花弁で、この複雑な花弁は、蕾の時にはきれいに折りたたまれているのですが、時が訪れると一糸乱れずに展開していき、短時間で完全に開ききります。昼になると萎んで見る影がありませんが、それにしても面白い姿の花ですね。

16-07-23karasuuri-1th_.jpg

16-07-23karasuuri-2th_.jpg

16-07-23karasuuri-3th_.jpg

16-07-23karasuuri-4th_.jpg

16-07-23karasuuri-5th_.jpg

16-07-23karasuuri-6th_.jpg
花言葉=よき便り、誠実

オニユリ

オニユリ(鬼百合)
 ユリ科  ユリ属

 百合の季節がやってきました。色合いがキレイで好みです。花弁はオレンジ色、褐色の斑点が無数散らばり素敵です。
葉の付け根に「ムカゴ(零余子)」と呼ばれる黒い実をつけます。ムカゴは、大きくなった芽で、球根のような性質を持っています。そのため、ムカゴから育てることもできます。また、球根は、「ユリ根」と呼ばれ、料理に使われます。

16-07-23oniyuri-1th_.jpg

16-07-23oniyuri-3th_.jpg

16-07-23oniyuri-4th_.jpg

16-07-23oniyuri-6th_.jpg
花言葉=愉快、純潔、富と誇り、荘厳、華麗、賢者、陽気

ツルハナナス

ツルハナナス(蔓花茄子)
 ナス科  ナス属

 散歩の途中門扉に絡んだナスに似た花を見ました。雑草で困る「ワルナスビ」に似た花を沢山付けていてキレイです。ネットで検索してみるとやはりナス科のものでした。ナス科にはトゲを持つ種が多いのですが、これにはトゲがありません。日本には明治時代に観賞用として渡来したそうです。

16-07-12turuhananasu-1th_.jpg

16-07-12turuhananasu-2th_.jpg

16-07-12turuhananasu-3th_.jpg

16-07-12turuhananasu-4th_.jpg
花言葉=微笑み、真実、大きな恵み、さみしがりや

コミスジ

コミスジ
チョウ目 タテハチョウ科 イチモンジチョウ亜科

 最近は野川ではクズが勢いを増しています。コミスジはこのクズの葉に卵を産み付けます。幼虫の食草はクズ、フジなどのマメ科植物なのです。
はねの表面は黒色、三本の白い帯を持つやや小さめのタテハチョウです。羽の開張は40~55ミリメートル程です。

16-07-16komisuji-1th_.jpg

16-07-16komisuji-2th_.jpg

16-07-16komisuji-3th_.jpg

サオトメバナ

サオトメバナ(早乙女花)
 アカネ科  ヘクソカズラ属

 庭木やフェンスなどに巻きいて伸びてゆきます。白い花びらの内側は紅色で、小さな花がずらりと集まって咲きます。別名はヘクソカズラ(屁糞葛)。葉や茎をもむと悪臭があることからが名前の由来です。

16-07-16saotome-1th_.jpg

16-07-16saotome-2th_.jpg

16-07-16saotome-3th_.jpg

16-07-16saotome-4th_.jpg
花言葉:人嫌い、誤解を解きたい、意外性のある

スイレン

スイレン(睡蓮)
 スイレン科  スイレン属

 きたみふれあい広場のトンボ池にはスイレンが咲いています。先日久しぶりに早く目が覚めたので、早朝散歩に出かけました。
トンボ池の隣の芝生広場で太極拳を楽しむ人々に混ざって、20分くらいその真似をしてみました。結構いい感じでしたが、早起きは苦手ですから、今回1回きりとなるでしょう。

16-07-02seiren-2.jpg

16-07-02seiren-1.jpg

16-07-02hureai-1.jpg

16-07-02hureai-2.jpg
花言葉=清純な心、信頼、信仰、優しさ、純情、甘美

イヌタデ

イヌタデ(犬蓼)
 タデ科  イヌタデ属

 代表的な雑草として知られていますが、子供の頃の楽しいままごと遊びにはとても役立ってくれました。
花が赤飯に見えることから「アカマンマ」と呼ばれています。開花時期は7月~10月。
写真を撮っていると、そこに「ホソハリカメムシ」が現れました。赤い触覚を持った方がメスです。

16-06-30harihoso-1th_.jpg

16-06-30harihoso-2th_.jpg

16-06-30harihoso-3th_.jpg

16-06-30harihoso-4th_.jpg

16-06-30harihoso-5th_.jpg
イヌタデの花言葉=あなたのお役立ちたい、あなたのために役立ちたい

Appendix

今日は何曜日

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    ぶらり

    Author:ぶらり
    野川に架かる神明橋の上流・下流をフィールドに、カワセミ等の野鳥と花を友として、自然を相手に遊んでいます。

    CalendArchive

    FC2カウンター

    最近の記事

    アルバム

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    Google フリー検索

    Google

    WWW検索 ブログ内検索

    自動WEBサイト翻訳

    ブログ内検索

    月別アーカイブ