FC2ブログ

Entries

キブシの実

キブシ(木五倍子)
 キブシ科  キブシ属

 株立ちで細い幹が何本も生えるのが特徴です。果実は8mm程度の楕円形で、初めは緑色ですが、熟すと黄色を帯びます。花は3~4月にかけて、穂状花序を下垂させて、淡黄色の花を多数付けます。成城三つ池緑地にて

16-06-27kibushi-1th_.jpg

16-06-27kibushi-3th_.jpg

16-06-27kibushi-4th_.jpg
参考 4月上旬に咲いたキブシの花です
16-06-27kibushi-5.jpg

16-06-27kibushi-6.jpg

16-06-27kibushi-7.jpg
花言葉:待ち合わせ・出会い・嘘

ヤブミョウガ

ヤブミョウガ(薮茗荷)
 ツユクサ科 ヤブミョウガ属

 夏から初秋に、まっすぐ伸びた茎先につぼみが固まってつき、白い小さな花が白い花柱と黄色い葯をつけたおしべを突きだして、順々に咲きます。日陰の林道や緑地の木の下などで見かけます。成城4丁目緑地にて。

16-06-27yabu-1_edited-1th_.jpg

16-06-27yabu-2th_.jpg

16-06-27yabu-3th_.jpg

16-06-27yabu-4th_.jpg

16-06-27yabu-5th_.jpg
花言葉=謙譲の美徳、苦しみを和らげる

ヒメヒオウギズイセン

ヒメヒオウギズイセン(姫檜扇水仙)
 アヤメ科  クロコスミア属

 ヨーロッパ原産で明治の中頃に観賞用として渡来。朱色が鮮やかなので、公園やお庭に植えられています。梅雨の時期にはオレンジ色が特に目に付きます。英名をモントブレチア(montbretia)といいます。クロコスミアと呼ばれることもあります。

16-06-26himehiougi-2th_.jpg

16-06-26himehiougi-3th_.jpg

16-06-26himehiougi-4th_.jpg

16-06-26himehiougi-9th_.jpg
花言葉=良い便り・楽しい思い出・陽気・清楚な人・気品・謙譲の美・芳香・気品ある精神

ホットリップス

ホットリップス(チェリーセージ)
シソ科 サルビア属

 チェリーセージにもいろいろな花色の園芸種があります。花色は、レッド、イエロー、ホワイト、ラズベリー、バイオレット、ピンク、サーモンイエロー、ホットリップスなどがあります。
これはピンク色と白のツートンカラーが可愛らしい’ホット・リップス’です。気温が高い状態だと、普通のチェリーセージのように赤い1色で、気温が低くなるにつれて、2色に変わっていくそうです。

16-06-26hot-6th_.jpg

16-06-26hot-1th_.jpg

16-06-26hot-2th_.jpg

16-06-26hot-3th_.jpg

16-06-26hot-4th_.jpg

16-06-26hot-5th_.jpg
花言葉=燃ゆる思い

ノカンゾウ

ノカンゾウ (野萓草)
 ユリ科 ワスレグサ属

 百合(ユリ)に似ていて、橙色をしているます。花びらは6枚で、花びらの真ん中に黄白色の筋が入っています。雑木林の縁や野原のやや湿ったところに多く、 ニッコウキスゲや ユウスゲと同じ仲間になります。都立 神代植物公園 水生植物園にて

16-06-16nokanzou-1th_.jpg

16-06-16nokanzou-2th_.jpg

16-06-16nokanzou-3_.jpg
花言葉=いつも一緒、宣告、憂いを忘れる、苦しみからの解放

ネジバナ

ネジバナ(捩花)
 ラン科  ネジバナ属

 ネジバナは小さいけれどランなのですね、カワイイですが雑草として扱われていますね。公園や意外なところに咲いていたりして面白いです。

16-06-17nejibaha-1th_.jpg

16-06-17nejibaha-2th_.jpg

16-06-17nejibaha-3th_.jpg

16-06-17nejibaha-4th_.jpg

16-06-25nejibana-1th_.jpg

16-06-25nejibana-2th_.jpg
花言葉=恋しく思う、思慕

ブッドレア

ブッドレア
 フジウツギ属  フジウツギ科(ゴマノハグサ科)

 房藤空木(ふさふじうつぎ)とも言われます。10月くらいまで咲いてくれます。この花は蝶が好むので、よく花の周りを飛んでいるのを見かけます。

16-06-17buttorea-1th_.jpg

16-06-17buttorea-2th_.jpg

16-06-17buttorea-3th_.jpg

16-06-17buttorea-4th_.jpg
花言葉=魅力・深い信仰心・あなたを慕う・私を忘れないで・恋の予感・親しみのある関係

実篤公園

実篤公園

 うっそうとした緑に覆われた「実篤公園」は約5,000平方メートルの園内には、ウメ、コブシ、サクラ、フジ、アジサイ、ツバキなどの花木、ショウブや武蔵野の野草が花咲き、秋には木々が鮮やかに 紅葉して、四季折々の風情をかもしています。
現在はショウブとアジサイが少しですが楽しめます。

16-06-16saneatu-1th_.jpg

16-06-16saneatu-2th_.jpg

16-06-16saneatu-3th_.jpg

16-06-16saneatu-4th_.jpg

16-06-16saneatu-5th_.jpg

ヒカリ藻

 実篤公園(月曜休園)の菖蒲園の奥で、光藻(ヒカリモ)が見頃を迎えており、9月頃まで楽しめるそうで、先日行ってきました。
ヒカリモが生息しているのは同園内ショウブ園にある八橋奥の石で囲まれたところで、案内板が誘導してくれます。都内ではここだけで見られるそうです。園内は入場無料。

16-06-16hikarimo-1th_.jpg

16-06-16hikarimo-2th_.jpg

16-06-16hikarimo-3th_.jpg

16-06-16hikarimo-4th_.jpg




ナンテン

ナンテン(南天)
 メギ科  ナンテン属

 夏に咲いた白い花は徐々に赤色になり、冬になると真っ赤な果実を実らせます。この様子が、愛情が高まっているように見えたことから「私の愛は増すばかり」という花言葉がつけられました。また、南天(なんてん)という読み方が、「難転=難を転じて福となす」に通じる部分があるため、南天の木は縁起の良い木として知られています。

16-06-16nanten-1th_.jpg

16-06-16nanten-2th_.jpg

16-06-16nanten-3th_.jpg

アガパンサス

アガパンサス
 ヒガンバナ科  アガパンサス属

 アジサイが咲いて間もなく、青紫色のアガパンサスもあちこちで見られるようになりました。
別名はムラサキクンシラン(紫君子蘭)と言って立派なお花ですね。

16-06-14agapa-2th_.jpg

16-06-14agapa-3th_.jpg

16-06-14agapa-4th_.jpg

16-06-14agapa-5th_.jpg

16-06-14agapa-7th_.jpg

16-06-14agapa-8th_.jpg
花言葉:恋の訪れ、愛の訪れ、愛の始まり、恋の季節、実直、知的な装い、知的な振る舞い。

アフリカハマユウ

アフリカハマユウ(阿弗利加浜木綿)
 ヒガンバナ科  ハマオモト属

 野川の小足立橋と糟嶺橋の間の左岸に、ユリに似たラッパ状の白やピンクの花が咲いてます。キレイですが萎れると残念ですが花が大きいだけにちょっと汚らしく見えてしまいます。

16-06-16afurika-1th_.jpg

16-06-16afurika-2th_.jpg

16-06-16afurika-4th_.jpg

花言葉=どこか遠くへ、あなたを信じます、汚れがない。

Appendix

今日は何曜日

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    ぶらり

    Author:ぶらり
    野川に架かる神明橋の上流・下流をフィールドに、カワセミ等の野鳥と花を友として、自然を相手に遊んでいます。

    CalendArchive

    FC2カウンター

    最近の記事

    アルバム

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    Google フリー検索

    Google

    WWW検索 ブログ内検索

    自動WEBサイト翻訳

    ブログ内検索

    月別アーカイブ