FC2ブログ

Entries

キンモクセイ

キンモクセイ(金木犀)
 モクセイ科  モクセイ属

 最近どこを歩いても、キンモクセイの甘い香りが漂ってきます。ここは野川の左岸、世田谷トラストのあるあたりの遊歩道です。

14-09-28kinmoku-1th_.jpg

14-09-28kinmoku-2th_.jpg

14-09-28kinmoku-3th_.jpg

14-09-28kinmoku-4th_.jpg

シロハギ

シロハギ(白萩)
 マメ科  ハギ属

 シロハギはミヤギノハギ(宮城野萩)の園芸種として植えられ野生種は存在しません。その白い清楚な感じは初秋には特にぴったりのお花ですね。

14-09-27hagi-1th_.jpg

14-09-27hagi-2th_.jpg

14-09-27hagi-4th_.jpg

作品No.112 Masao HAIJIMA 氏の Vue Des Toits De Paris を囲んで

「Masao HAIJIMA 氏の Vue Des Toits De Paris を囲んで 」

作品No.112 サイズ 20.9×29.5 Cm  水彩・パソコンプリンター/紙 
  作成 2013年8月3日

 パリ在住の日本人画家「蓜島 正雄」の絵がとてもアンニュイです。世界的にはMasao HAIJIMAで表記されます。日本国内ではそれほど有名ではありませんが、近いうちどこかでブレイクすると思います。
パリのオペラ通りに面した建物にアトリエを持っていて、そこの窓からパリの街を見る事が出来るので、そこからの風景を独創的なタッチ描がいています。
その絵がとても素敵だたので、勝手にコラボしました。(ごめんなさい)

14-09-26MASAO HAIJIMAth_

参考に、、、蓜島正雄さんが載ってるブログを見つけましたので、ご覧下さい。下の3つです。 
はるかのブログ
はるかのブログ
Château de

ツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)
 タテハチョウ科  タテハチョウ亜科

 温暖化の所為で30年前は近畿地方以西までだった生息地も、現在では関東まで広がっています。この辺りでは、11月頃までひらひらと舞っています。

14-09-23tumagu-1th_.jpg

14-09-23tumagu-2th_.jpg

14-09-23tumagu-3th_.jpg

アレチウリ その2

アレチウリ(荒れ地瓜)
 ウリ科   アレチウリ属

 アレチウリの花です。嫌われ者でも花はとても愛おしいです。ツツジの植え込みを覆うほどに繁茂していますが、花は一生懸命に咲いています。

14-09-13arechi-1th_.jpg

14-09-13arechi-2th_.jpg

14-09-13arechi-3th_.jpg

14-09-13arechi-4th_.jpg

次太夫掘公園の水田

 次太夫掘公園は約36,000平方メートルの広さを持ち、ほぼ中央に650メートルの水路が再現され流れています。そして、その水路に沿って当時の古民家や実際に稲作ができる水田(1,400平方メートル)が配置されています。

毎年5月下旬に幼児から小学生(明正小学校のほか、砧小・喜多見小・砧南小など)までの子どもとその保護者など達で田植えがされます。植えた苗は秋の収穫までJAが管理。10月頃に、今回田植えをした子どもたちが稲刈りを行います。
収穫した米は、給食や家庭科の授業で食べるのです。

14-09-14ine-1th_.jpg

14-09-14ine-2th_.jpg

14-09-14ine-3th_.jpg

地域の写真展

 仙川・緑と水の会 では恒例の地域の写真展を、今年は世田谷区美術館市民ギャラリーで下記の通り開催します。
 日々見慣れた町の風景が、新鮮に見えたり、新しい発見があったりする、楽しい写真展です。

日時 26年9月15日(月)〜21日(日)10:00〜17:00
    (16日は休館日)
場所 世田谷美術館・区民ギャラリーB  入場料は無料です
    http://www.setagayaartmuseum.or.jp

14-09-17setabi-2.jpg


ヒガンバナ

ヒガンバナ(彼岸花)
 ヒガンバナ科  ヒガンバナ属

 散歩の途中でヒガンバナをあちこちで見かけるようになりました。野川の遊歩道沿いの桜の木の根元にも出てきました。ときどき花頭が無惨に、もがもがれているのを目にする事があります。

14-09-14higan-1th_.jpg

14-09-14higan-2th_.jpg

14-09-14higan-4th_.jpg

14-09-14higan-5th_.jpg

カリンの実

カリン(榠樝)
 バラ科 カリン属

 かりんは果物と言っても、非常に硬い上、渋くて生では食べられません。そこで、薬用成分を利用すと云う事です。特徴は独特の芳しい香りで、のど飴やかりん酒なに利用されます。

14-09-11karin-1th_.jpg

14-09-11karin-2th_.jpg

14-09-11karin-3th_.jpg

14-09-11karin-4th_.jpg

ヒガンバナ

ヒガンバナ(彼岸花)
 ヒガンバナ科  ヒガンバナ属

 今年は例年より10日ほど早く開花したもようです。気温が9月になって涼しいのが影響したようです。まだアレチウリの方が優勢ですが、ヒガンバナの数も増えればもっと見応えが増すと思われます。
 皇居の桜田門から半蔵門へ続く、桜田濠の彼岸花(曼珠沙華)もそろそろ見頃かもしれません。

14-09-13higan-1th_.jpg

14-09-13higan-2th_.jpg

14-09-13higan-3th_.jpg

14-09-13higan-4th_.jpg

エゴノキ

エゴノキ
 エゴノキ科  エゴノキ属

 5月に白い花を付けていたエゴの木。こんな実が出来ました。その名の云われは、この果実を口に入れると喉や舌を刺激してえぐい(えごい)ことに由来します。また、チシャノキ、チサノキなどとも呼ばれます。

14-09-11ego-1th_.jpg

14-09-11ego-2th_.jpg

14-09-11ego-3th_.jpg
エゴノネコアシと呼ばれる虫こぶも見られます。

14-09-11ego-4th_.jpg

ルドベキア・タカオ

ルドベキア・タカオ
 キク科  ルドベキア属

 北アメリカ原産。昭和初に渡来しました。今わあちこちで野生化している物も見かけます。
別名:ブラックアイドスーザンや オミツバハンゴンソウ (三葉大反魂草)などです。

14-09-05rudo-1th_.jpg

14-09-05rudo-2th_.jpg

14-09-05rudo-3th_.jpg

14-09-05rudo-4th_.jpg

Appendix

今日は何曜日

文字を大きく・小さく

    プロフィール

    ぶらり

    Author:ぶらり
    野川に架かる神明橋の上流・下流をフィールドに、カワセミ等の野鳥と花を友として、自然を相手に遊んでいます。

    CalendArchive

    FC2カウンター

    最近の記事

    アルバム

    天気予報


    -天気予報コム- -FC2-

    Google フリー検索

    Google

    WWW検索 ブログ内検索

    自動WEBサイト翻訳

    ブログ内検索

    月別アーカイブ